女の話をしよう

第1章:隸屬庭園Backyard of Eden

――――來說說女人的故事吧。

自從醒來,女人就與病理連接。

 

厚重的鎖鍊四處蔓延。

從指尖至頭頂,有如木乃伊的死亡化妝。

沒有自由,旁人憐憫。

沒有自由,女人狂喜。

鐵之洋裝固若金湯。

開啟城門的深處,出現的會是少女還是魔性的陷阱?

雖說他人的秘密甜如蜜,這又如何呢。

第2章 計算監獄 Girl's Side Laboratory

――――來說說女人的故事吧。

從她換上衣裝後,女人集眾目而一身。

以連蟲也殺不了的可憐之姿,女人管理著男人。

過著有節制的生活原來如此聽起來滿不錯的。

過著沒有浪費的生活!這實在是太美好了

等待著的是計算的地獄,正因純粹所以殘酷。

眉清目秀,品行端正。但為什麼會變成這樣?

第3章 愛憎唇紅 Alter Ego/M

(來說說女人的故事吧)被愛濡濕的紅唇低語。

(知曉愛之後,女人化做魔物)"請把你的一切給我"

愛與憎原本是不同的事物。

然而要將兩者化為一談時、

連繫兩者的感情就變成不可或缺的東西。

――――就是狂氣。

發狂似的愛著,發狂似的恨著。

當對他人的愛到達這個領域時,愛憎(怪物)就會出現。

......總之,一見鍾情就像暴力一樣。

對於愛的一方來說是幸福,但對被愛的人來說像是偷襲。

第4章 麻酔城塞 Sick/Home Sink

――――來說說女人的故事吧。

肥大化的自我,將女人的人生吞食乾淨。

不管是誰都有作夢的自由。

理想的自己。理想的快樂。理想的未來。

理想的他人。理想的戀人。理想的離別。

無論是誰,都有做安穩的夢的自由

然而,那大半都是惡夢。

幕間 BAD END

歡迎來到快樂原理的底端之底。

這裡有的是深沉的安寧。

不會醒的夢才是至上的搖籃。

理性與本性,不快與快樂。

要往何處走,全依您心所向。

第5章 血血純血 Iron Maiden Princess

――――來說說女人的故事吧。

反正終究要吃,那還是全部都吃好了,女人如此想。

是支配者也是處刑人。

是料理師也是試毒役。

 

享受美食至數百人。

享受、溺愛、爛醉、絕頂。

放蕩飲食的代價是頭上所生的異型之魔羅(角)嗎。

不過嘛,這並不是甚麼稀奇的事。

貪圖美少女是男性女性(人類)的本能。

第6章 快楽臨海 Alter Ego/S

(來說說女人的故事吧)沉溺在愛中的瞳孔訴說。

(守護愛的時候,女人等同於女神。)"我的一切都是為了你"

我的目的是你的身體,男人笑著。

就好像野獸呢,女人說。

你的心是我的,男人笑著。

嗯嗯是喔,女人說。

救救我,男人說。

作為一個野獸還不夠格,女人笑著。

我明明愛著你,男人說。

嗯嗯是喔,女人笑著。

男女在結婚面紗的後面合而為一。

有如貼緊的肌膚。有如被熱度融化的冰。

有如溺愛體現的女人笑了。

正因支配著所有事物,才是真實的愛。

第7章從者路線 少女的深層 I love You

――――來說最後的故事吧。

被虛幻現實所擊潰,理所當然的戀愛結局(故事)。

第7章CCC路線 聖女的深層 Anima Atraxia.

那麼,來說說那個女人的故事吧。

淫靡侵蝕現實,駭人愛情的末路(故事)

日文原文

1章 隷属庭園 Backyard of Eden 
――女の話をしよう。 
目覚めた時から、女は病理に繋がれていた。 

重い鎖は満遍なく。 
つま先から頭まで、ミイラの如き死に化粧。 

自由がない、と余人は憐む。 
自由はない、と彼女は喜ぶ。 

鉄のドレスは難攻不落。 
城門開いたその奥に、在るのは乙女か魔性の罠か。 

他人の秘密は蜜の味というが、さて。 


2章 計算監獄 Girl's Side Laboratory 
――女の話をしよう。 
着替えた時から、女は衆目を集めていた。 

虫も殺せない可憐さで、女は男を管理する。 

節度のある生活を! なるほどそいつは聞こえがいい。 
無駄のない人生を! いかにもそいつは素晴らしい。 

待っているのは計算監獄。無垢なるものこそ残酷だ。 
眉目秀麗、品行方正。なのにどうしてこうなった? 
 
3章 愛憎唇紅 Alter Ego/M 
(女の話をしよう)愛に濡れた唇は囁く。 
(愛を知った時、女は魔物に変生する)“貴方のすべてを、私に下さい” 

愛しみと憎しみは本来、別々のもの。 
それが一つのものとして語られる時、 
これらをつなげる感情が不可欠になる。 

――狂気だ。 

狂おしいほど愛している。狂おしいほど憎んでいる。 

他人への想いがこの域にまで達した時、愛憎(かいぶつ)は現れる。 

……とかく、一目惚れとは暴力のようなもの。 
する方は幸福だが、される方には不意打ちだ。 


4章 麻酔城塞 Sick/Home Sink 
――女の話をしよう。 
肥大化した自我は、女の人生を食い潰した。 

誰だろうと夢を見る自由はある。 

理想の自分。理想の快楽。理想の未来。 
理想の他人。理想の恋人。理想の別離。 

誰だろうと、安い夢を見る自由はある。 
だが、その大半は悪夢(わるいゆめ)だ。 


幕間 BAD END 
ようこそ、快楽原理の底の底へ。 

ここにあるのは深い安寧。 
覚めない夢こそ至上の揺り籠。 

理性と本能、不快と快楽。 
どちらに寄るかは、貴方の心が命じるままに。
 
5章 血々純血 Iron Maiden Princess 
――女の話をしよう。 
どうせ食べるのなら、まるごとがいいと女は思った。 

支配者にして処刑人。 
調理人にして毒味役。 

美食を重ねること数百人。 
堪能、溺愛、泥酔、絶頂。 
ふしだらな食事のツケは頭に生えた異形の魔羅(つの)か。 

だがまあ、そう珍しい事でもない。 
美しい少女を貪るのは、男性女性(ニンゲンども)の本能だ。 


6章 快楽臨海 Alter Ego/S 
(女の話をしよう。)愛に溺れた瞳は語る。 
(愛を守る時、女は女神と等しくなる。)“私のすべては、貴方のために” 

おまえの体が目当てだ、と男は笑った。 
まるでケダモノね、と女は言った。 

おまえの心は俺のものだ、と男は笑った。 
ええその通りよ、と女は言った。 

助けてくれ、と男は言った。 
ケダモノではまだ足りない、と女は笑った。 

愛しているのに、と男は言った。 
ええその通りよ、と女は笑った。 

男女はヴェールの向こうで一つになる。 
癒着する肌のように。熱に溶ける氷のように。 

溺愛を具現する女は笑う。 
すべてを支配してこそ、真実の愛たり得るのだと。 


7章鯖ルート 乙女ノ深層 I love You 
――最後の話をしよう。 
儚く現実に破れる、当たり前の恋の結末(はなし)を。 


7章CCCルート 聖女ノ深層 Anima Atraxia. 
――では、その女の話をしよう。 
淫らに現実を侵す、おぞましい愛の末路(はなし)を。 

後記:

嗯,自我翻譯,總之就是這樣。

其實我還在猶豫要不要發CCC的感想文,因為我目前只有跑完Archer線,就是弓女主線
而且這次格局超大,說真的感想不是很好打

此篇文同步發在巴哈月姬/Fate版 要轉請附連結
噗浪也發了

有錯請通知我,謝謝。

,
創作者介紹

トオイソラ(已搬家)

寸音 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()